値段は正直。高いカシミヤニットを買う理由|日記


ニットの値段は正直です。


以前はカシミヤのニットは、高級なイメージがありました。5、6万円するのがざら。

しかし、今やユニクロ、無印良品などでも定価1万円、セールを活用すれば数千円で購入できるようになりました。


カシミヤなら以前はこれくらいはしたという価格帯である定価5~6万円くらいのジョンストンズのカシミヤニット、ユナイテッドアローズのカシミヤニット定価2万円くらい、ユニクロのカシミヤニット定価1万円くらいを一昨年から着比べていました。


ジョンストンズのものは平日、休日合わせて週2、3回、ユナイテッドアローズのものは週1回着るかどうか、ユニクロのものは週1、2回という頻度で着ていました。


着心地、暖かさではそれぞれに大きな違いはわかりませんでした。


IMGP0133_convert_20170314114333.jpg 

ただ、カシミヤの特徴である毛足のふわふわ具合はジョンストンズの方が段違い。

カシミヤらしさは、やはり価格なりで、ジョンストンズ、ユナイテッドアローズ、ユニクロの順です。

毛足が長いということは、それだけ毛玉になりやすそうですが



IMGP0137_convert_20170314114442.jpg 

ジョンストンズは、ダマになっている感のあるところもありますが、毛玉はそれほどではない。



IMGP0136_convert_20170314114413.jpg 

ユナイテッドアローズは、毛玉だらけ。

2年目ながら、今年の着用頻度はこの中では一番低いのですが、毛玉だらけ。



IMGP0135_convert_20170314114428.jpg 

そしてユニクロ。

今年購入し、今年はジョンストンズに次ぐ着用頻度だったためか、毛玉だらけ。

ユナイテッドアローズとユニクロを比べると、ふわふわの毛足の長さの違いか、ユニクロの方が細かい毛玉が大量につきました。




着比べてわかったのは、やはりカシミヤニットの耐久性、品質は値段なりということ。

長く使いたいならば高いものの方がいい。

安いんだからどんどん買い換えるというスタイルもありかもしれませんが、毛玉が頻発で1シーズン持たない1万円のニットを1シーズン2枚とか買うなら、1枚高いものを買うのは2~3シーズン見ればぜんぜんありであると思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する