タピールレーダーフレーゲクリームで手入れ|Paul SmithのTricker's|経年変靴レポ23


トリッカーズのカントリーブーツの手入れに、靴の手入れ用品の意識高い系タピールをひさびさに使ってみました。

IMGP0082_convert_20170308063506.jpg 
汚れ落とし・保革 サフィール ユニバーサルレザーローション
保革・補色    タピール レーダーフレーゲクリーム(茶)

色落ちを楽しんでいたこのカントリーブーツですが、靴クリームの補色能がどのくらいあるのか試してみるため、茶のクリームを使用。

IMGP0083_convert_20170308063517.jpg 
通常、靴の補色クリームは靴の色よりやや薄めが安全と言われますが、タピールのクリームはモゥブレィのクリーム等ほどには色のバリエーションがなく、茶はほぼ焦げ茶色の1種類のみです。

今回は、

馬毛ブラシで靴のほこりをはらう。
ユニバーサルレザーローションを布にとり、靴全体を拭う。
豚毛ブラシでブラッシング。
少し置いてから乾拭き。
レーダーフレーゲクリームを布に少量取り、全体に塗り伸ばす。
豚毛ブラシでブラッシング。
少し置いてから乾拭き。

いつもどおりの手順です。

IMGP0069_convert_20170308060956.jpg
ユニバーサルレザーローションのみの状態。
ひさびさの手入れなのでまだ少し乾燥している感がありますが、これで終わりにしてもいいくらいに十分な光沢が出ています。

IMGP0072_convert_20170308061009.jpg 
そのあと、レーダーフレーゲクリームを塗って乾拭きまで終わった状態。
焦げ茶のクリームながら、補色効果は劇的というほどではなく、シミ等もなし。
より光沢が出たくらいでしょうか。

IMGP0077_convert_20170308061624.jpg

IMGP0081_convert_20170308061702.jpg

IMGP0079_convert_20170308061650.jpg

自然派原料の意識高い系靴用品タピール、仕上がりはやはりいい感じです。
カントリーブーツはふつうビッカビカにするものではないので、このくらいの光沢がいいですね。

fc2blog_201703080634382ae.jpg 

半年くらいこの手入れを続けて、色の変化の比較をしてみます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する