ユニクロのブロックテックウォームイージージョガー|BUY

冬の部屋着としては最高。外着としては難易度A。

ユニクロの暖パンシリーズは低価格ながら暖かいので大好きです。
そんな暖パンシリーズのブロックテックウォームイージージョガーを購入して2ヶ月が経ったので、ここらで感想を。

普通のズボンでも、下に股引、タイツ等を履けば暖かいんですが、花も恥じらう34才、まだそれはしたくなく下半身は下着とズボンの2枚のみが私のプライドというか、下に何枚も履いているとトイレのとき面倒くさいんですよね。
そうすると下半身の防寒はどうしても疎かになりますが、この暖パンシリーズは一枚で暖かいのがうれしいです。

平日は暖パンシリーズのチノパンを愛用していますが、休日にゆるっと履ける暖パンもほしいなということで、お正月にユニクロで、このブロックテックウォームイージージョガーを購入しました。

fc2blog_20170303062636857.jpg 
まず思ったのは、これは履き心地は楽ちんだけど、服の組み合わせや履きこなすのは難しいということです。
ユニクロのジョガーパンツは昨年あたりから流行っていたと思いますが、春夏なら上半身が軽いのでTシャツ、シャツやパーカーなどをさらっと合わせればいいですが、重衣料を着る秋冬、特に冬は上着をかなり選びます。
というのは、くるぶし丈の軽さと重衣料の重さがケンカする気がします。
それが今の気分、空気というなら言うことはありませんが。

そもそもがブロックテックで風を防ぎ、裏地であったかなズボンなのに、足首まわりが外気にさらされるという機能上の矛盾があるから難しいんでしょうかね。
足首を守るために靴下を履くと野球のユニフォームのようになります。

あとはこういうイージーパンツを履く上で大事なのが、自身の身体のライン、特にお尻のラインで、ここがだらしないとゆるふわボディが強調される気がします。
ただただゆるい、だらしないという感じになりそうです。
うかつに手を出すと懐かしの「もんぺ」になりかねず、大やけどする可能性あり。

fc2blog_20170303062650ac8.jpg 
ベルトループはないのでウェストは紐で絞るタイプ。
このフロントをスナップボタンでとめて、紐で絞るというのは、あまり使い勝手は良くないと思います。
紐で絞るなら内側ではなく外側の方がぜったいに使いやすいんですが、見た目の問題ですかね。
でもこのイージージョガーで上着をインする人ってほとんどいないと思うんで、外側でも良かったような。
絞る前提なので、ウェストはだいぶ緩めの作りです。
Mサイズだとストンと落ちるレベル、Sサイズでもゆるゆるです。

fc2blog_20170303062707af7.jpg 
後ろポケットはベルクロでとめることができます。
これはとても不便で、上の画像を見るとわかるとおり、フリースの裏地がベルクロに張り付いて煩わしい。
これベルクロ必要?と疑問なんですが、たぶん落とし物しないようにというよりも後ろポケットにものをいれたときにお尻のラインが重みで下がるのを防ぐためかなという気がします。
ただ、イージーパンツで後ろポケットにものをいれるとどのみちラインは崩れるので、必要あったのかな?と。
単純に落とし物防止のための蓋の役目だとしたら、これは剥がしちゃった方がいいですね。

あと、よく見ると細かいほこりがたくさんついているんですが、このズボンの生地、やたらほこりがつくんです。
セーターを上に着ると毛がつきまくってつきまくって煩わしい限り。
この生地でクイックルワイパーを作ったら、すごくほこりが取れると思います。

fc2blog_20170303062610a8d.jpg 
靴との合わせはこんな感じ。
冬だけど軽やかな感じは出ます。

暖かい、でも足首が出ていて寒いという矛盾と、イージーパンツの履きこなしの難しさ。
これはユニクロで売っているズボンの中でも最高レベルに難しいズボンだと思います。
おすすめできるかと言ったら、うーんという感じです。
もう店舗在庫もほぼ残っていないし、オンラインでも売っていないんで、誰の参考にもならないとは思いますが、全部言っちゃうね。

これは、部屋着として割り切らないなら、おすすめしません。
イージーとはいうけどベリーハードモードです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する