10ヶ月経過|MAKERS V TIP BLUCHER |経年変靴レポ5


一応僕の初めてのコードバンシューズである、このMakersのVチップシューズの手入れは手探り状態で、いろいろ試していましたが、サフィールのクレム1925で大丈夫そうです。
購入から10ヶ月。手入れをするたびに、いわゆるコードバンらしい光沢が出て来るのが楽しい。
履き込む楽しみを感じさせてくれる靴です。

さて、今回は
汚れ落とし・保革 サフィールノワール クレム1925(無色)
補色・保護層   サフィールノワール ビーズリッチワックス(黒)

馬毛ブラシでささっと靴全体のほこりをはらう。
クレム1925を少量布に取り、全体を拭うようにしながら塗り伸ばす。
豚毛ブラシでゴシゴシとブラッシング。
5分置いてから乾拭き。
最後にワックスをブラシにトントンととって、全体にささっと伸ばしてから乾拭きで完了です。

クレム1925を布にとって塗ると、汚れ落としをしたあとなのに布がまっ黒になるというのは使ったことがある人みんな経験があると思いますが、古いクリームの除去能力は下手をすればステインリムーバーよりあるんじゃないかと思うくらいです。
汚れ落としとして使っている(高級すぎ!)人もいるというのも頷けます。

なので、ここ半年くらいは手間を省けるかなと試しに汚れ落とし兼保革とユニバーサルレザーローションのような使い方をしています。
結果は、今のところ大丈夫そう。

IMGP0035_convert_20170302060357.jpg 

IMGP0033_convert_20170302060343.jpg

コードバンの光沢の魅力は光沢が鈍い磨りガラス状の部分と光沢のあるガラス状の部分の陰影、対比が魅力なんだなと最近、気が付きました。
コードバンは光沢が魅力とはいうものの、単純に光沢を求めるならガラスレザーの方が光沢があるし、手入れも楽だし、いったいみんなはコードバンの何に魅力を感じているんだろうというのがずっと疑問でしたが、この靴を購入して実際に履いて手入れして磨いてみて理解しました。
ガラスレザーは全体的に均一な光沢なので陰影のある光沢を出すのは難しいですから。

IMGP0040_convert_20170302060445.jpg 

不満点ではないのですが、この靴は、つまさきがコバよりもせりだしているので、つまさきが傷つきやすいのがちょっと気になります。
歩くときは細心の注意を払って歩かないと。特に道路側溝の上とか。

IMGP0036_convert_20170302060409.jpg 
唯一不満点を挙げるなら、ヒールはもうちょっと丸みを帯びている方が好みです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する