2年経過|三交製靴ラギッドシューズS-3|経年変靴レポ19

ものの良し悪しはブランド、メーカー名や素材だけではわからない。
それを教えてくれたのが、2月でちょうど購入から2年が経過した、この三交製靴のS-3です。

ちょうど2年が経ったところで念入りな手入れ、磨きをしてあげたいところですが、時間がなかったので今回は、持続可能なかんたんな手入れです。
汚れ落とし・保護革 サフィール ユニバーサルレザーローション
補色・保護層    KIWI シューポリッシュ(黒)

ささっと馬毛ブラシで靴全体のほこりをはらい、ローションを布にとって靴全体を拭く。
そのあと豚毛ブラシでゴシゴシとブラッシングし、少し置いてから、表面がさらっとするまで乾拭き。
そして、KIWIのシューポリッシュ(ワックス)を別のブラシにトントンととって、全体にささっと伸ばしたら乾拭きして完了です。

IMGP0022_convert_20170228060509.jpg


IMGP0023_convert_20170228060521.jpg 

IMGP0027_convert_20170228060458.jpg 

アッパー、かかと周りにへたり等もなく、この2年かなりの頻度で履いているにもかかわらず、ヒールがあまりすり減らない、本当に丈夫な靴です。
そして靴好きならこのディテール、素材好きでしょというような変なスケベ心というか、派手さがないのもいいですね。
IMGP0025_convert_20170228060534.jpg 
派手さはなくとも、かっこいい。
買えたことに未だに感謝します。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する