NIKEが作ったギョサン|NIKE FREE RIFT SANDAL SP|BUY


タイトルで言いたいことすべてなんですが。

NIKEのフリーリフトサンダルを買いました。
昨年、エアリフトブリーズを購入して、この足先が分かれている足袋っぽい形が気に入ったからというのと、サンダルっぽい見た目ながら足先、特に足の爪が保護されるのがいいなと思って。
→Reboot 「サンダル以上スニーカー以下|NIKE エアリフトブリーズ|BUY」

女子たちがヒール全盛期の夏に、足の爪を放り出して歩くなんて自殺行為としか思えない。
特に僕は爪が薄くて割れやすいので、足先が覆われていることがサンダルでも必須条件です。

第一印象は、思った以上にサンダルだなということ。
フリーリフトとして認識していたので、すっごいサンダルなんだけどと箱を見てみたら、フリーリフトサンダルと書いてあって、あやっぱサンダルなんだと納得したくらい。
「NIKEがギョサンを作ったらこうなりました」と言われたら、ああそうかと納得しちゃう感じ。

においはすごくゴム臭というか接着剤臭がして、ゴム長靴素材です。
ゴム長靴の中でも、田植えに使うゴム長靴の柔らかめのマットな素材が近い感じ。

fc2blog_201702180613188e1.jpg 
名前と形から、エアリフトとフリーリフトは同じリフト系シリーズではあるんですが、この2つはだいぶ違います。
エアリフトはクッション性に優れたNIKEの代名詞ともなったエア封入ソールで、フリーリフトは屈曲性に優れたフリーソール。
fc2blog_201702180610451a4.jpg 
よく曲がるので歩きやすいですし、意外とクッション性もあります。
フリーソールはランニング用のシューズに使われており、これでランニングもストラップ部分の靴擦れが若干心配ながら可能かもしれません。
意外とビブラムファイブフィンガーのようなベアフット感ある走り心地だったりするのかなと想像しています。
今度試してみます。ストラップがぶっちぎれそうですが。

立ち位置としては、
サンダル≦フリーリフト<エアリフト≦スニーカーという感じです。

履いてみるとこんな感じ。
fc2blog_20170218061104227.jpg 
ムダ毛が目立つので白黒画像で。
僕は足のサイズを測ってもらうと25.5cmのDワイズくらいらしいんですが、今回は26cmでジャストでした。
中にソックスを履いておしゃれ気取るならもう1サイズ上げないと無理です。
せっかくの脱ぎ履きしやすいサンダルですが、グリップ力が強い感じのゴム素材なので1サイズあげても靴下を履いてこれを履くのは、革靴をきちんと紐を結んで履くより面倒くさそう。
なにせ素足でもちょっと面倒なくらいなんで。
対してエアリフトはゴムのバンドをベルクロでとめるので、脱ぎ履きもしやすいし、フィット感の調整もある程度できます。

どっち買えばいい?と聞かれたら、エアリフトかなあ?という感じですかね。

梅は咲きましたが、まだ季節は冬のため室内履きだけの感想なのでネガティブな感想しかありませんが、海に行くときにはいいかもしれません。
山はやめておきましょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する