無印良品アルパカ混セーター、逝く|日記

お気に入りの無印良品のアルパカ混のウールのクルーネックセーター。
いつ買ったかも思い出せないくらい、あって当たり前のような存在。

IMGP9912_convert_20161229151846.jpg 
さすがに表面はちょっと荒れてきていますが、いい風合い。
毛玉がなかなかできず、できてもカンタンに取れてしまう。

カシミヤや普通のウールのように着ていて摩擦をまったく気にしなくていい気楽さは唯一無二。
IMGP9914_convert_20161229151903.jpg 
混紡率はアルパカ15%。この15%がいい仕事してくれているんでしょうね。
アルパカの良さは、保温性と丈夫さ。
とぼけた顔と外観からは想像もつきません。
これからもよろしくと思っていたところでしたが。。。
IMGP9917_convert_20161229151919.jpg 
左の袖のリブの部分から消滅が始まっていました。
腕時計と擦れるからなのか、ここだけ痛みが激しい。
さすがにこれはもう限界かと廃棄決定。
まあ無印良品だから買い直せるだろうと買いに行ってみたところ、今季はアルパカ混のセーターは女性用だけ。
男性用はメリノウールばっかり。
無印=定番品というイメージがありますが、意外と製品の統廃合とマイナーチェンジを繰り返しているんですよね。

丈夫で使い勝手のいいアルパカ混セーター。
自分の定番としてあり続けたアイテムの喪失、ぽっかりと穴が開いたようです。
この穴を埋めるためには、アルパカ100%しかないかもしれません。
アルパカ100だとどんな着心地なのか、興味が湧いてしまいました。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する