SCHNIEDERBOOTS 5年3ヶ月経過|経年変靴レポ

表面に割れが見られるシュナイダーブーツのジョドファーブーツ。
潤いが足りないのかなということで水分豊富なデリケートクリームで手入れしてみました。

fc2blog_20161218063338a57.jpg 
汚れ落とし M.モゥブレイ ステインリムーバー
保革    M.モゥブレイ デリケートクリーム
保革・補色 M.モゥブレイ シュークリーム(黒)

M.モゥブレイで揃えてみました。
年内最後の手入れとなるので一年の垢を落とすため汚れ落としはステインリムーバーを使用。
布にリムーバーをひたひたになるくらいとり、表面を軽く撫でるように汚れを拭き取ります。
ゴシゴシやると表面を痛めるので優しく撫でるように。
みるみる布が黒くなり、溜まっていたクリーム、ワックスがすっきり落ちた感じです。

そのあと、デリケートクリームを塗って、少し置いてからよーく乾拭き。
ぷるぷるとしたデリケートクリームは肌に塗ってもよさそうなくらいに潤い感たっぷり。
塗ると革がしっとりしそうですが、乾拭き後の表面は、とてもさらっとした仕上がり。
これで革の硬化の進行を抑えられるといいのですが。

最後に一応、油分の補給と補色のために黒のクリームで仕上げ。
ごく少量を全体に塗り伸ばして豚毛ブラシをかけ、乾拭きして完了です。

fc2blog_2016121806341154c.jpg 

fc2blog_20161218063425047.jpg 

つま先とかかとに以前のワックス層が残っているので、周囲が写り込んでいます。
ステインリムーバーで鏡面磨きのワックス層を落とすのは難しいですね。
むしろステインリムーバーの水分で磨き上げてしまった感じかも。

fc2blog_20161218063441588.jpg 
やはりアッパーの硬化と割れの進行は止められないですね。
でもインターネット上で見るシュナイダーのジョドファーブーツはだいたい表面が硬化しているのは気のせいでしょうか。
もしかすると、シュナイダーブーツのアッパーの革は油分多めの頻繁な手入れが必要なのかも。

今となっては後の祭りですが。
今度、靴磨きのプロに診てもらおうと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する