文庫も読める、ポケモンGOもできる手袋がほしい|日記


IMG_0941_-_Edited_convert_20161201030931.jpg 


今年もよろしくなメローラのインナーカシミヤの手袋、ひとつ不満が。




スマホが操作できない。




急にポケモンが現れたときにいちいち外すのが面倒で煩わしく、指ぬきグローブがほしいなという気もします。

こないだまで使っていたiPhone5SはポケモンGOをプレイしているとヒーター機能が働いてアチアチくらいだったのですが、今の7Plusになってからはひんやりと冷たく。

厳冬期には指ぬきグローブは間違いなくつらいのですが、スマホを操作できる系の手袋ってだいたい操作できないので、できるといいつつできないというイライラが募るんですよね。



で、いいなと思っているのが、2013年の大河ドラマ、八重の桜のイメージビジュアルで着用されていた指ぬきグローブ。



fc2blog_201612010437429aa.jpg 

この画像サイズだと手だけすごく日焼けしてるみたい。


綾瀬はるかかわいいなあとため息が出るところですが、見ていただきたいのは、そのかわいい手にはめられている茶の指ぬきグローブです。

皮膚かというくらいにフィットしていて、綾瀬はるかの顔の次に見てしまいますね。


これは、東京都多摩市にあるブロッサムというオーダー革手袋の専門店が作ったものだそうです。

→ブロッサムHP



オーダー専門店だけあり、つけたまま文庫本が読めるくらいの抜群のフィット感にはファンも多いとそうです。

試してみたらメローラの手袋でも普通に読めてしまったんですが、きっと「可能」というレベルではないんでしょう。


多摩市はわりと遠いのですが、オーダー専用の手形用紙を請求し、郵送することでお店に行かなくてもオーダー手袋が作ってもらえるという画期的システム。


これで、綾瀬はるかちゃんみたいな手袋を作ってくださいとお願いすれば、きっとOK。


納期は4週間~となっており、今冬間に合うなという感じですが、予算が捻出できるか。

来年に向けて、いやしかし、それではそのころにまだポケモンGOやっているかどうか問題が。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する