今までで最高の低価格帯bluetoothヘッドホン|ANKER SoundBuds NB10|BUY



今まで数々の低価格帯(〜3,000円)のスポーツ用bluetoothヘッドホンを購入してきました。
あるものはあっという間に壊れ、あるものは始めから壊れ、涙を飲んできました。
高いものを買えば間違いないのかもしれませんが、高くてもやはり壊れるときは壊れます。

まあ汗だくだくで水分に晒され続けるので壊れるのは使用環境上、仕方がないとして、ほかに問題になるのが音。
音と言っても、音質ではなく、自分の身体との接触音、風切り音。

あとは装着感。走っていてずるずるとズレてしまうのはイライラしてきます。

この2つの問題が全く気にならないbluetoothヘッドホンをようやく見つけました。

IMGP9538.jpg 

困ったときのANKERです。
もともとはモバイルバッテリーの会社ですが、モバイル周辺機器全般での信頼感はバツグン。
もうANKERなら間違いないんじゃないかと思います。
今回買ったのはSoundBuds NB10。
amazonで2,999円でぎりぎり予算内。

IMGP9540.jpg 

箱はiPhoneのよう。もしくはS.H.Figuarts真骨彫製法。

IMGP9543.jpg 
本体です。
耳かけタイプ。ずり落ち防止にはやはり耳かけタイプが一番です。
左右をつないでいるつるは、やわらかいです。

IMGP9545.jpg 

操作部はよくある3つのボタンタイプ。
音量上げ、多機能ボタン、音量下げです。
真ん中の多機能ボタンの長押しでスイッチオン。起動音はよくある「ピピ」ではなく、「グォォォ」というライズアップ音。いいですね。
曲送りは、多機能ボタンのダブルクリック。曲戻しは本体で操作です。
あまり使わないと思います電話がかかってきたら受けることも可能とのこと。

IMGP9546.jpg 

この左右のつるをつないでいる橋のようなパーツ。
あまったつるがぶらぶらしないように後頭部に密着させるものです。
これがあるおかげで気になる接触音がしません。

IMGP9541.jpg 
付属品は、マイクロUSB、予備の橋パーツ、Sサイズ、Lサイズのイヤーチップです。

IMGP9542.jpg 
USB充電ケーブルに定評のあるANKERとは思えないお粗末な充電用ケーブルですが、この結束バンドがかっこいいので許します。

3,000円以内で買えるbluetoothヘッドホン(ヘッドセット?)としてはかなりいいです。
カナル型なのに微妙に耳孔にフィットしないの気になりますが、気圧によるカナル型特有の耳孔ツーン感がないのが逆にいいです。

iPhone7からはイヤホンジャックの穴が廃止されたため、ワイヤレスヘッドホンの時代が到来するわけですが、Apple純正のイヤーポッズは高いしなという人はまずはこれをおすすめします。


それにしても、僕のiPhone7Plusジェットブラックはいったいいつ来るんでしょう。
発売当日に7を予約し、9月末にやっぱり7Plusに改宗したので遅くなるのは仕方ないのですが。
先週、auが第二候補の7Plusブラックが入荷しましたと2回も連絡をくれて、僕は第一志望専願ですと高校入試の進路相談よりも真剣に言い切りましたが、うーん、もう5Sも動作が限界でガンダムの反応が遅れる後期アムロ状態なのでやっぱりブラックでお茶を濁せばよかったかなと迷いが生じつつあります。
どうせジェットブラックもそのうちマットブラックになってしまうしなあ。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する