年・齢・識・別

RWブーツの年齢識別法

P1010793.jpg


一昔前、若者が履き下ろしたてのREDWINGブーツを
ヤレた感じにしようと、わざと砂をかけたり、踏んだりしていたのを
ふと思い出しました。
また、雑誌などでは下ろしたてでピッカピカのブーツのウェザリング法のようなものを
紹介していたり。

上の画像は、REDWINGの8103(向かって左)と8875(向かって右)
8875の方がぜんぜん先輩ですが、8103はTAPIRのレーダーフレーゲクリームの
茶を使っているせいか(おかげか?)だいぶ8875にエイジングが追いついてきたような気がします。

そのような年齢詐称をしても、履いた年月を雄弁に語る部分があります。

そう、これ。インソール。
P1010792.jpg

こちらが8103のインソールです。

では、先輩RWの8875はどうか。

P1010799.jpg

おお、見事な飴色。
というか、少し汚い・・・

若造には出せない変化です。
やけにくたびれたわりに、インソールが若いヌメ革色のブーツを見かけたら、
ふん、若造が背伸びしおってと鼻で笑ってあげましょう。


でも、履れているときはわからないんですけどね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する