サンダル以上スニーカー以下|NIKE エアリフトブリーズ|BUY


ついに購入、エアリフト。
昨年からエアリフトを探していました。

IMGP9364.jpg 
エアリフトは、つま先が足袋のように親指と他4本の指が分かれている異形のスニーカー。
初登場は、もう10年以上前で、元祖ベアフット系スニーカーと言ってもいい存在。

当時は、素足限定(5本指ソックスが存在していたとはいえ今ほどメジャーではない)の靴はちょっとなーとスルーしていました。
そんなところ、昨年あたりから新しいサンダルが欲しくなり探していたのですが、サンダルで外を出歩くのは抵抗があるんですよね。
それに足の爪が露出しているのは、踏まれたりして爪が割れそうで怖い。
KEENやビルケンシュトックにもつま先の覆われたサンダルはあるのですが、割りと高いし歩きづらそうな。
そこで思い出したのがエアリフト。
ですが、昨年はすでに夏も半分以上終わっていた時期で、入手困難。
それからずっと探していましたが、見つけられず。
ネット上には中古などはありましたが、この靴の性質上、試着無しで買うのは無し。
そして、なかなか現物を見つけることが出来ないまま、今年の夏も終わり。
今年も見つからなかったなーと、なんとなく酒々井のプレミアム・アウトレットのNIKEに行ったところ発見、即座に試着、購入しました。

IMGP9363.jpg 

これはエアリフトではなく、エアリフト「ブリーズ」というモデル。
アッパーをメッシュ素材で作ることで、エアリフトよりも通気性を向上させたようです。

IMGP9362.jpg 

カカトと甲のベルクロストラップで着脱のらくちん設計。
ただベルクロの調節幅は広くないため、ギュッと絞ってサイズ調整するというものではなく、あくまで着脱用です。
サンダルよりは脱ぎ履きしづらいです。
fc2blog_20160929145751f83.jpg 

1日履いてみましたが、ソールはとてもクッション性が高く、柔らかい。
IMGP9365.jpg 
AIRの刻印があるから、ソールはエア封入モデルなんでしょうか。
そういえばエアモデルを買うのは初めてです。

カカトをしっかりとサポートしているので足への追従性も高いため、1日履いて歩いても、サンダルのように疲れることはなさそうです。

この軽やかさ。そして足先が覆われている安心感。
サンダル以上、スニーカー未満。
まさに探していたものが見つかりました。

IMGP9366.jpg 

今年はあとどれくらい履けるのか。
通常のエアリフトなら靴下を合わせることで秋まで履くこともできますが、このブリーズで靴下を合わせるのはありなのか。
今年はもうちょっと暑さが残ってほしいところです。

が、もう朝晩はもう涼しくなってきてしまいましたね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する