女性用ロングブーツの手入れ|日記


妻のロングブーツを手入れしました。

いつもだとしつこいくらいに残る残暑が今年は寂しさを感じるくらいに、やけに早足で去っていきました。
そろそろ女性もブーツを履く時期だということで妻のロングブーツの手入れ。
子供が生まれてからは脱ぎ履きしやすいパンプスやスニーカーを履くことが主になっていますが、それでもたまに履いて出ようかなというときに手入れされていないとやっぱりいいやとなりそうなので。
たしかバークレーというメーカーのもので、もうけっこう以前に購入したものです。

今回使ったのはいつものサフィールのユニバーサルレザーローションと、ちょっと磨きをかけるためにKIWIのワックスです。
IMGP9343_convert_20160922065106.jpg 
汚れ落とし・保護革 サフィール ユニバーサルレザーローション
磨き・保護層    KIWI ワックス(無色)

これ2つで1,500円くらい。
あとはTシャツの切れ端があれば手入れから磨きまでできますから、女性にはこのセットをおすすめしたい。
どちらも無色なので何色の靴、ブーツでも手入れ、磨きできます。

ユニバーサルレザーローションを布につけて表面の汚れを拭いつつ、保革して革をしっとりと。
そのあと乾拭きし、つま先だけワックスを塗って磨く、またワックスを塗って磨くと数回繰り返して完了。
左右で10分くらいです。

IMGP9341_convert_20160922065043.jpg 

適度な光沢と履きこまれた革の感じがいいですね。
毎シーズンブーツを履きつぶして翌シーズンにまた新しいブーツを買う女性よりも、手入れをしながら長く履く女性の方が素敵だと思います。
世のほとんどの男性はそこまで気にしていないので大勢に影響はないかもしれませんが、魅力に深みは出ますよ、きっと。

IMGP9342_convert_20160922065055.jpg 
ワックスで磨いたつま先とローションだけのアッパー部分の光沢の違いが、ブーツに表情を与えてくれます。
鏡面磨きまでせずとも、このくらいの磨きなら簡単にできます。
ぜひワックスを買って試してほしいです。

IMGP9340_convert_20160922065031.jpg 

きれいになりました。
これでこのブーツは準備万端と言いたいところですが。

IMGP9344_convert_20160922065116.jpg 

かかとのゴムのすり減りが。
ここは自分ではなかなか直せないので、駅やデパートの靴の修理屋さんへ行きましょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する