HERZソフトダレス|4年1ヶ月経過

IMGP9309_convert_20160918073512.jpg 

さすがHERZ。4年くらいではへこたれません。

気がつけば4年目を過ぎていたHERZのソフトダレス。
購入時の記事と合わせて御覧ください。
→Reboot 2012/08/21 「ソフトダレス」

若干、くたっとした感はありますが、ぜんぜんまだまだピンピンです。
この調子なら10年いけちゃうかもしれないと期待しています。

IMGP9311_convert_20160918073525.jpg 
ただ、若干の乾燥感と、いつも恒例の底面の4スミのキズが。
その辺の手入れを行ってやります。

IMGP9312_convert_20160918073538.jpg
汚れ落とし 水拭き
補色    サフィール レノベイティングクリーム
保革    コロンブス ミンクオイル

HERZの公式サイトの手入れのページでは「乾拭きかブラシでほこりや汚れを落とす」と書かれていますが、僕は水拭きしています。
乾拭きではほこりは落ちますが、汚れが落ちないし、若干の湿度を革が含むことでオイルが染みこみやすくなるとか聞いたような。
そのあと、レノベイティングクリームをキズの箇所に塗りこみます。
定着させるために最初は強く塗りこみ、最後に質感を合わせるためにトントンと。

IMGP9313_convert_20160918073554.jpg 

クリームが乾いたら、素手でミンクオイルを塗りこみます。
素手で塗ることで体温によりオイルが染み込みやすくなる利点があるそうですが、スポンジの方が均一に塗れそう。熱も摩擦熱で多少発生しますからね。

そうそう、ミンクオイルは塗りすぎると革がクタクタになります。
このダレスバッグは自立してほしいので、ミンクオイルを塗る量は気をつけて。

オイルが染み込む時間を少し置き、乾拭きして手入れ完了です。

IMGP9315_convert_20160918073607.jpg

こう見ると何が変わったのかまったくわかりません。
触るとオイルを含んでしっとりした感じになったのはわかるのですが。

IMGP9317_convert_20160918073618.jpg 
あまり変化のないこのソフトダレスですが、ハンドル周りやストラップの革の裁断面のエッジが丸まってきています。
逆に言うとこのくらいしか目立った変化はありませんが、経年変化が目立たないということはそれだけ丈夫だということ。
ブーツも1年や2年で味わいが出るブーツは長持ちしません。

このバッグももっと長いスパンで付き合うバッグということですね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する