復活した元祖SDガンダムシリーズはちょっと残念。|元祖SDガンダム ガンキラー|TOY


かつてSDガンダムに2雄あり。出来のBB、強度の元祖。

25年以上昔、僕がまだ少年だったころ、SDガンダム全盛の時代がありました。
そのころ、SDガンダムのプラモデルといえば、BB戦士ともうひとつ、元祖シリーズ。
同じSDガンダムのプラモデルなので同じキャラをそれぞれ発売することもありましたが、両者には明確な違いがありました。
BB戦士戦士はもともとがBB弾を発射する武器を持っていたので(早々にそれはなくなりましたが)、武器に合わせて小さめで、少し安い。
ですが、エッジを立たせていたり、シャープな出来。
対して、元祖は大きめで、樹脂パーツを関節だけでなく本体にも使用したつくり。
その分、全体的にもっさりした感じの出来だったと思います。

一見してわかるくらいに両者には明確な違いがありました。
一番大きな違いとして、強度が挙げられます。
元祖は可動軸が太く、BB戦士は割りと細い。
そのため、ガシガシ遊んでいると、BB戦士は可動軸がぽっきり折れてしまったり、強度面で不満がけっこうありました。
これはBB戦士は2つのパーツを合わせる部品割だと軸が片手持ちなのに対し、元祖は両手持ちで、大きいので軸が太くできたからです。
最終的には、ちょっとお兄ちゃんになってくるとガシガシと戦わせて遊ぶこともなくなり、出来のシャープさとラインナップの豊富さでBB戦士を支持するようになりましたが。

それは僕だけではなかったようで、元祖シリーズはBB戦士よりも先にその歴史を終えてしまいました。
それがもう20年も前だったようです。

fc2blog_201609100643263b3.jpg 
その元祖シリーズが20年の時を経て復活。
ただそれだけでは購入することはなかったと思います。
その復活第一弾が「ガンキラー」

fc2blog_20160910064402fbc.jpg 
コミックボンボンで連載していたガンダム少年(ボーイ)にて登場したガンキラー。
SDスピリット指数1000と箱に書かれていますが、これがドラゴンボールでいう戦闘力です。
主人公のプラモのSDスピリッツが170とかだったのにいきなり1000!
こんな敵どうやって倒すんだよと少年心を旋律させられたのは、ドラゴンボールのフリーザか、このガンキラーか、というくらいに初登場時が印象に残っています。
千生将軍など、漫画から出てきたキャラでも当時はプラモデル化されることが多かったですが、ガンキラーがプラモデルとして発売されるのはこれが初めてです。
まあそんなおっさんホイホイ、みごとに引っかかり注文。
最後に買った元祖シリーズはGアームズシリーズのスターガンセイヴァー以来なので20数年ぶり。
注文から半年たった8月末、ついに到着したので、作ってみました。

IMGP9283.jpg 

IMGP9284.jpg 

IMGP9285.jpg

金の部分と足先の反り返ったトンガリ靴みたいな部分が軟質パーツで、元祖っぽさを主張しています。

IMGP9286.jpg 
複眼のようにややふくらんだウルトラマンのような目はシールではなく、別パーツ。
大人向け商品なので、頭の角はかなりエッジが立っています。

IMGP9291.jpg 
大きさはBB戦士サイズ。
BB戦士が大きくなったとはいえ、意外と小さい。

IMGP9287.jpg 

可動はこの程度。肘が曲がる、首が左右のほか上下にも動く以外、可動は特に良くないです。
IMGP9289.jpg 
付属のパーツは、開き手パーツとそれに付くトゲ、肩に付くトゲ、手足延長パーツ、そして展開状態のギロチンバグです。
これらを使えば、リアル頭身(でもないけど)モードと手からトゲを出した状態を再現できます。
ギロチンバグ(下に転がっている十字手裏剣)は、魂スタンドなどを使って飛行状態を再現するだけのものなので、キット単体では特に使いみちがありません。

作ってみた感想としては、これは元祖じゃないなということ。
元祖は上で述べたとおりガシガシと遊べることが利点だったと思いますが、これはガシガシとは遊べないです。
頭の角など部品のポロリが多くて、接着剤の使用を前提としたキットではないですが、接着剤なしでは飾っておくこともできません。
2つ合わせ構成の部品、特に足の付根部分のパーツは、可動させるときのねじれ負荷に耐えられず、合わせた部品が外れてしまったり。
IMGP9288.jpg 
肩・腕の可動軸の部品構成
ここは食玩のミニプラかよという作り。
可動範囲は狭いのに、腕のぽろり、肩アーマーパーツのぽろりが頻発。
ここは接着できない対処しようがないです。

同じバンダイのガンダムのMGシリーズと同じ価格帯の4,000円近い金額のプラモデルでこれなの?と正直、がっかり
予約販売だから割高というのは考慮してもちょっと納得できないというか、高い買い物だったなと。

製品への満足度のほか、復活のご祝儀込だとしても、これは元祖シリーズの復活と言うより、元祖の文脈を組み込んだBB戦士という感じです。
それか高いミニプラ。価格的には箱買いできます。

復活第2弾として千生将軍の予約も始まっていますが、この復活元祖シリーズはスルーしそう。
BB戦士としてだったら、もうちょっと抵抗なかったと思うんですが、元祖としてだとちょっと残念です。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する