天然系皮革手入れ用品Tapirで手入れ|Otsuka M-5 102ボタンブーツ |経年変靴レポ11

IMGP9282_convert_20160908053234.jpg

100%天然素材から作られたTapir(タピール)の靴(皮革)手入れ用品の使用感。

Tapirについて、詳しくはこちらのHPを参照していただくとして。
→Tapir Wachswaren Japan

簡単に言うと、石油系や有機溶剤の材料を使わず、天然の素材から作られた手入れ用品のメーカーです。
柑橘系の香りのするものが多く、それが大きな特徴のひとつです。

今回は、このTapirの効果がどのくらいあるか。
大塚製靴のオオツカM-5のボタンブーツの手入れの時系列を追って、見てみます。

今回の手入れで使用したのはこの2つ。
IMGP9268_convert_20160908052757.jpg 
汚れ落とし・保革 サフィール ユニバーサルレザーローション
保革・補色    タピール レーダーフレーゲクリーム(茶)

レーダーフレーゲクリームは外国のハミガキ粉のようなチューブに入っています。
IMGP9271_convert_20160908052816.jpg
これを布なり指なりブラシなりにとり、塗り伸ばします。 

手入れ前
IMGP9261_convert_20160908052614.jpg 

IMGP9263_convert_20160908052631.jpg

ユニバーサルレザーローション
馬毛ブラシでほこりをはらい、サフィールのユニバーサルレザーローションで汚れを拭いつつ、保革します。
ローションが浸透する時間を数分とり、馬毛ブラシ、乾拭き。

IMGP9264_convert_20160908052649.jpg 

IMGP9265_convert_20160908052705.jpg

このローションだけで汚れは落とせるし、程よく光沢は出るし、これだけで終わりにしてもいいくらいです。

Tapir レーダーフレーゲクリーム
ローションを塗ったあとなので、浸透しづらいかもしれませんが。
レーダーフレーゲクリームを布にとり、塗り伸ばし、豚毛ブラシ、時間をおいて馬毛ブラシ、乾拭きです。
IMGP9266_convert_20160908052721.jpg 

IMGP9267_convert_20160908052738.jpg 

なるべく同じ状況で撮りましたが、一度では補色の効果はわかりませんね。
ただ、光沢は強くなりました。
テカッと。

今回は、比較のためにサフィールのユニバーサルレザーローションと併用しましたが、水拭き、もしくはリムーバーなどからTapirでも十分だと思います。

このブーツは茶の表側の部分の色落ちが楽しくて補色なしで手入れをしていましたが、Tapirで補色しながら手入れをして、補色効果を見ていきます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する