SCHNIEDERBOOTS 4年11ヶ月経過|経年変靴レポ


靴も肌も、カワの手入れは保湿が大事。

子供の肌荒れが気になりまして。
皮膚科では白色ワセリンを積極的に塗るように言われたらしく、励行していたところなんですが、まったくよくならず、むしろひどくなる一方。
保湿は要らないのか?という疑問があり、保湿、油分補給できるローションに切り替えたところ、好転してきました。

生きている皮と素材にされてしまった革は恒常性維持機能という点で違いますが、やはり保湿大事だよねということで、このクラックしまくりのシュナイダーも保湿に重きを置く方向へ。

IMGP9111_convert_20160820063524.jpg 

汚れ落とし M.モゥブレイ ステインリムーバー
保湿    M.モゥブレイ デリケートクリーム
保護層   オールデン ペーストワックス

ステインリムーバーで一度しっかりと前回のワックスと汚れを落とします。
デリケートクリームを割れ部分を中心にしっかりと塗りこみ、豚毛ブラシでブラッシングし、乾拭き。
ワックスをブラシに取って、全体に伸ばし、ブラッシング、乾拭き。

IMGP9106_convert_20160820063452.jpg 

IMGP9107_convert_20160820063508.jpg 


IMGP9110_convert_20160820063540.jpg 

クラック。革の割れがこの靴の頭の痛いところ。
何が悪かったのかなと考えるのですが、履く頻度に対し、手入れが少なかったということもないと思いませんし。
もともとあれ?という部分はありましたから、靴自体の素材もハズレ個体だったかなとも思います。

ただ、どうしてもこういう割れが発生するのなら、後悔しないように自分の思うように手入れしたほうがあきらめもつくと思いますね。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する