ウルトラマンフェスティバル2016に行ってきました。|日記

 


楽しむところは楽しもう。




 子供を連れて、ウルトラマンフェスティバル2016に行ってきました。
もう毎年恒例ですが、僕が連れて行くのは初めて。
 



科特隊の研究施設の展示から始まり、スーツの展示や、このようなジオラマがあったり。


 
破壊された街に車、逃げ惑う人々。怪獣とウルトラマンが戦っている足元の学校で男女の三角関係のもつれまで再現。 


大砲みたいな一眼レフカメラを構えた大きいおともだちがたくさん。
そう、こどもだけでなく、ソロ活動の大きなおともだちもたくさんいました。




 ライブショーもあり、フェス最大の目玉です。
やたら興奮している大きなおともだちに、最初は眉をしかめていましたが、全力でウルトラマンを応援する姿、全力で楽しむ姿を見るうちに、これが正しい楽しみ方だよなと。




 中二的にというか、大人としての振る舞いを意識して、がんばれー!ウルトラマンー!と叫ばないのは損かもなと思い始めましたね。
みんなが大声でウルトラマンを応援しているのを見ていたら、ちょっとウルっとしました。
歳ですかね。
ちなみにうちの子は恥ずかしがってか応援していませんでした。
僕の子だなあと思います。
 



出口手前にあるウルトラデパートと称された物販スペース。

 フェス限定のゼットンの人形はもちろん、この指人形を買うのが楽しみだったらしく、どうせ100円くらいだろうと子供が選ぶまま10個くらい買ったら、1個200円くらいして、会計が思ったより高くてお父さんレジでびっくり。 




これから行くお父さん達は要注意です。
毎年恒例の、ウルトラマンに変身するシーンを差し替えて自分のが変身して、戦うDVDを作れるなりきりムービーもしっかり作りました。




 去年より今年と成長するに従い、しっかりできるようになってきますが、きょとんとしながらやっていた最初の2才の時のが一番の出来ですね。
3,800円かかるので下の子もやりたい歳になったら大出費です。



こういうイベントに来ると、ヒーローの前では大人も等しく子供なんだなと思い知らされました。



がんばれー!ウルトラマン!



その一言が、このイベントを楽しめるかのカギです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する