マナスルシューズP−1 |経年変靴レポ11


前回に引き続き、黒い靴はより黒く。

ワークブーツでは黒い靴が退色して下地の茶が出てくるのを茶芯と呼び、ありがたがることもありますが、やはり短靴の黒い靴は手入れによって黒を深くしていくのがいいかなと思います。

このペッカリーのマナスルシューズは補色していませんでしたが、前回から補色をするようにしました。
ペッカリーのようなやわらかい素材は、退色しているのがよくわかるんですよね。
茶色くなるのではなく、白っぽくなります。

IMGP9005_convert_20160713061709.jpg
汚れ落とし・保革 サフィール ユニバーサルレザーローション
保革・補色    オールデン ファインブーツクリーム(黒)

馬毛ブラシで全体の汚れを落とし、ユニバーサルレザーローションで汚れを拭います。
豚毛ブラシでブラッシングし、乾拭き。
そのあと、ブーツクリームをブラシで全体に少量伸ばし、豚毛ブラシでブラッシングし、そのあと馬毛ブラシでブラッシング、乾拭きで完了です。

IMGP9002_convert_20160713061629.jpg 


IMGP9003_convert_20160713061644.jpg 

補色の効果の効果もあり、やはり手入れをするとシャンとします。
そろそろ靴紐がくたびれているので、次の手入れのタイミングで取り替えよう。

IMGP9004_convert_20160713061657.jpg 
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する