高くて手間がかかる服、安くて手間がかからない服|日記

fc2blog_20160704234612367.jpg 

smoothdayのディオラマカットソーについての感想を。

高い服というのは、割りといい素材を使っていて、その分取り扱いにひとクセあったり、注意が必要だったり。
その高い価格で買えるかというのも買うかどうかの一つの指標ですが、取り扱いしきれるか、というのも買うかどうかの指標の一つ。
値段のフダをチェックするとともに、内側の品質表示で洗濯はどうかなどの取り扱いについてもしっかり見るようにしています。
IMG_6466_convert_20151102021737.jpg 
カットソーつまりはTシャツとしては、最高峰とも言われるsmoothdayのディオラマクルーネックTシャツ。
1枚1万円くらいしますが、そのさらっとした着心地、着たときに全体に現れるしわ、ではなくドレープ。
それらがこのTシャツが最高峰と言われる所以です。
欠点を挙げるならば、まずはやはり毎回の洗濯ですね。
手洗い推奨、平干し推奨。
僕はこれ1枚だけしか持っていないからまだやる気になりますが、数が多かったらどうか。
いっそ数があった方がまとめて洗えるからいいのでしょうか。
洗濯機でガラガラと洗えない分、妻に洗濯してもらったりするのは気が引けます。
そうすると、やはり着るときにああ手洗い平干しするくらいなら他の着ようかなという気持ちもなくはない、いやけっこうあります。

欠点ばかり挙げているのでいいところを。
このTシャツはやはりいいTはシャツであることは見れば、特に着ているのを見ればわかります。
やはり違う。高いだけのことはあります。
着心地、肌触りもいい。
ただ、汗をかくと。
fc2blog_20160704234629eea.jpg 

このとおり世界地図になり、かつ割りと乾きが遅いような。
さらにぺったりと肌にまとわりついてちょっと不快な感じもあったり。
この辺は化繊や麻混のTシャツに軍配が上がりますね。

本当は、この日、下には同じsmoothdayのギャバジンのパンツを合わせてみようかなと思っていたのですが、洗ったあとアイロン必須なくらいにシワになりやすく、いざ履こうとしたらアイロンをかけ忘れていてシワが目立つので、ユニルメのコットンツイルイージーパンツを合わせました。
コットンツイルイージーパンツは洗ったまましまっておいたのですが、しわはそこまでつきません。やはりユニクロは気軽です。

smoothdayの服は、高い服はやはり高いだけあってやはりいいんです。
ただ手間がかかる。
安くて質が悪くて手間がかかる服もありますが、ユニクロは安くて質もそこそこ良く気を使わずに使える。
価格も取り扱いも日常使いに無理がない。

どちらがいいということではなくてどちらもいい。
これはどちらも買ったから、より深くわかったことです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する