リネンのジャケットを自宅洗いしてみた|日記


麻のジャケットを自宅で洗うのに必要なのは、ちょっとの勇気と高いアイロンがけ技術。

夏に着るジャケットとして、麻、リネンのジャケットは定番です。
通気性があり、さらっとした着心地で、着ていて涼しさを感じます。
冷房がきっついこれからの時期、一枚あるととても便利です。

ただ、連日(そもそも麻のジャケットは連日着てはいけないそうですが)着ているとだんだんとさらっとというよりジメッと、陰干しをしていても、じょじょにサラッと感が失われていく気がします。
ジャケットに残る汗等の汚れかもしれません。

一度気になると、気になってしまうもので、クリーニングに出そうかとも思ったのですが、麻は通常はドライクリーニングのみ。
ドライクリーニングでは汗汚れは落ちないそうで、麻のジャケットではシミなどの原因ともなる。

ならば水洗いしてしまおうじゃないかと試してみました。

IMGP8797_convert_20160518213416.jpg 

使ったのは、いつものホームクリーニングエマール。
ツィードジャケットなどは何回もこのエマールで洗濯機のドライコースで洗っていますが、今回は麻なのでざぶざぶと洗うと型崩れや毛羽立ちが心配なので、浴槽に水を張り、そこにエマールを適量。
沈めて洗います。

IMGP8960.jpg 
行った!
とぷんとジャケットを沈めます。
汗がつきやすい襟元、袖口はやさしくもみ洗いしてあとはカシミアのニットを洗ったときのように押し洗いくらいにして、10分ほど沈めておきます。

水を抜く、水を張る、やさしく揺らす、水を抜く、を数回、泡がなくなるまで繰り返し。

IMGP8965.jpg 

そのあとはびしょぬれのままのジャケットを、コート用の肩に厚みがあるハンガーで干します。
肩の厚みのあるハンガーを使う理由は、肩まわりの型崩れを防ぐためです。
あと、ハンガーは木製ではなくプラ製のものが良いと思います。
しわしわのずぶ濡れで、びしゃびしゃと水が滴りますが、水の重さで自然とある程度しわが伸びます。

IMGP8969.jpg 

浴室の衣類乾燥をかけながら(直下ではなくちょっとずらして)半日くらい干した状態です。
(衣類乾燥を使わなくてもいいかもしれませんが、そこそこ厚みがあるので生乾き臭が怖かったので)
しわもそこまでひどくはありません。
洗う前に付いていたしわと同じくらいです。

ここからさらに職場で着られるきらいにピシっとさせるには、アイロンがけが必須です。
完全にからっからに乾く前、やや湿り気があるうちにアイロンがけを行ったほうがしわが伸びます。

ジャケットのアイロンがけはなかなか難しく、こうしましょうということも言えません。
僕もジャケットにアイロンをかけるのは今回が初めてで、いろいろ調べながら行いましたが、いや伸びない。
一つ注意するのは、麻に直接アイロンをかけると、変なテカリが出るので、焦りは禁物。
必ずあて布をしながらアイロンがけをしましょう。

IMGP8972.jpg 

IMGP8971.jpg

仕上がったジャケットです。
本当はもっとぴしっとさせたかったのですが、僕にはこれが限界でした。

まあ気持ちピシっとしたような。洗う前と同じくらいにはなっているかなと思います。
でも着心地は、すっきりしました。ジメッ、ずしっとした感じがなくなり、さらっと爽快。

麻のジャケットを自宅で水洗いするのは、完全に自らの責任において行うものです。
ぜひやってみましょうと言う気はありません。
その上でやるなら、静置して洗い、干すところまでは誰だってできます。
そこから先、きれいに仕上げるのに必要なのは、アイロンがけの技術。

アイロンがけもやらないと上手にはならないので、まずは普通のスーツのジャケットなどから練習してみるといいかもしれません。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する