Paul SmithのTricker's|経年変靴レポ20


手入れをなるべくシンプルに。ブラッシング、乾拭き重視の手入れを。
あれを塗って、これを塗って。
手順、道具ばかり増やしがちな靴の手入れですが、シンプルに徹したらどうなるのか。
仕上がりに違いはあるのか。

IMGP8885_convert_20160605064031.jpg 
汚れ落とし・保革 Saphir ユニバーサルレザーローション

馬毛ブラシで全体のほこりをはらう。
ユニバーサルレザーローションを数滴、布にとって、全体の汚れを落とすように軽く拭う。
豚毛ブラシで全体を念入りに、光沢が出るまでブラッシング。
表面がさらさらとした感じになるまで乾拭きをする。

という手順で行いました。

IMGP8878_convert_20160605063848.jpg 

IMGP8886_convert_20160605064044.jpg 

適度な光沢。
最近は、新しいワックスを買ったので磨きをかけることが多かったのですが、こういう自然な光沢の仕上がりも好きです。
トリッカーズはこのくらいがいい。

IMGP8881_convert_20160605063901.jpg 

この割れを、味わいと見るか、手入れの不行き届きと見るか。

IMGP8883_convert_20160605064005.jpg 

気がつけばダイナイトソールがけっこう減ってきていました。
このペースだと来年くらいにはオールソール交換でしょうか。
ユニオンワークスの中川さんのトリッカーズはこの上にハーフラバーを貼っていたような気がしますが、それで済むならそうしたい。
予算的にも、コバの味わいを残すためにも。

IMGP8884_convert_20160605064019.jpg 

その前にヒールの交換が先か。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する