AZABU THE CUSTOM SHIRTボタンダウンシャツ|BUY


今回、購入したのはAZABU THE CUSTOM SHIRTS 100双ロイヤルオックスフォードシャツ。

麻布・ザ・カスタムシャツ
5,000円程度で高品質なシャツを量産している良心的なメーカーとのこと。
その評判を目にし、では買ってみるかと注文してみました。
本来であれば、お店に出向いてというところだったのですが、今回は通販でお願いしました。

100双ロイヤルオックスフォードシャツ
100双は、100番の番手の糸を2本撚りして織った生地の意味。
ロイヤルオックスフォードは、番手の高い(細い)糸で織ったオックスフォード生地で光沢があり、ドレス、カジュアル両方イケる生地だそうです。
IMGP8703_convert_20160504061904.jpg 
ブルックスブラザーズのオックスフォードに慣れていると、ものすごく薄手でちょっと不安になります。
B地区はあっさりと透けるので、インナーかニプレス必須です。
これからの暑い時期にはいいかもしれませんが、急な夕立に降られたら、もうスッケスケになるでしょうね。
形態安定加工は施されていないので、洗ったあとはどんなにシワを伸ばして干してもアイロンがけ必須です。
そこがちょっと面倒ですね。

今回は、麻布シャツのクラシックフィットを選びました。
サイズは、身長170cm、体重62kgで40−83。
UNIQLOのボタンダウンシャツが買えない理由がここで、腕が長いので首と腕のサイズがS、M、Lサイズでは合わせられないんです。

ちょっとわかりづらい画像で申し訳ありません。
シャツをかけるいいところが見つからず。
IMGP8694_convert_20160504061621.jpg 
全体(前面)
表前立て シャツの前の合わせの部分が折り返してある仕上げです。
IMGP8701_convert_20160504061844.jpg 
全体(背面)
センターボックス 背中の真ん中に箱型に2本タックが入っている仕上げ。
非常にわかりづらくもうしわけないのですが、クラシックフィットなので胴回りも腕もゆったり目です。
ただ、太い!と気になるほどではなく、ふつうです。スリムではないなという感じ。

IMGP8695_convert_20160504061639.jpg 
襟は、ボタンダウンだけど大きいなという感じです。
もうちょっと小さい方がネクタイを締めたときに好みの感じになるのですが、ロイヤルオックスだからドレス寄りの形なのかもしれません。
IMGP8704_convert_20160504061923.jpg 
肩。
IMGP8698_convert_20160504061746.jpg 
ポケットの位置

IMGP8700_convert_20160504061823.jpg 
裾周りの仕上げはこんな感じです。
裾の両サイドには剣先型のガジェット(補強)が付いています。

IMGP8696_convert_20160504061713.jpg 
ボタンとボタンホール。
貝ボタンのような光沢のある、ポリエステルボタンです。
IMGP8697_convert_20160504061728.jpg 
ボタン周りで特徴的なのが、第6ボタンだけボタンホールが横向きになっています。
おそらくタックインしたときに外れないように、外れにくい向きにしてあるのかなーと。
IMGP8699_convert_20160504061805.jpg 

袖はシングルカフ。ボタンは2つ付いています。

作りはボタンダウンのオックスフォードシャツながら、オンもオフも、というよりは、オン、フォーマル寄りの作りです。

生地の透けは気になるものの、シャツは素肌に派の僕でも、ジャケットを上に着ることを前提であれば問題ありません。
これからのクールビズはどう乗り越えるかという問題はありますが。
5,000円でこの出来は、シャツ初心者にはよくわかりませんが、この価格に麻布シャツのノウハウ、高級シャツのエッセンスを注入した、というように感じました。
仕事用に考えているということであれば、いいと思いますね。

これで寿命がどれくらい保つのかはこれから見ていきます。
1年後か、ダメになった時点でまた記事にします。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する