ユニクロ&ルメール コットンツイルイージーパンツ|BUY


初めてのユニルメ。
コットンツイルイージーバンツを買ってみました。

定価だったらスルーしたのですが、3,990円が1,990円だったので、つい。

ユニクロはこの価格が下がっていたのでつい、をやってしまってクローゼットのスロットを埋めてしまうことにさえ気をつければ、とても心強い味方です。
IMGP8638_convert_20160427061708.jpg 
さて、なぜこのコットンツイルイージーパンツを選んだかというと、単純に興味があったからです。

IMGP8642_convert_20160427061742.jpg 
ウェストはマタニティ用のズボンのようにゴム。
そしてツータック。
ラクチンそう。
もしダメでも部屋着として。
(この部屋着として、というのも気をつけなければならないことなのですが。)

IMGP8640_convert_20160427061728.jpg 
バックポケットは右後ろのみ。
こういう生地が薄いシルエット命みたいなイージーパンツは、ポケットにものを入れ過ぎるとお尻周りのシルエットが崩れるので、ポケットがないことはマイナス材料ではありません。

IMGP8643_convert_20160427061755.jpg 
ひとつ残念なのは、フロントがボタンフライであること。
ここはジッパーでもよかったんじゃないでしょうか。
IMG_8271_convert_20160427061634.jpg 

IMG_8265_convert_20160427061613.jpg
履いて出歩いてみましたが、ラクチンはラクチン。
そして、裾に向かって軽くテーパードしているので、ツータックで動きやすいです。

かなり気に入りました。
1,990円でこのワクワク感を得られるというのはかなりお買い得ではないでしょうか。
ただ、このイージーパンツはユニクロの店舗によってはまだ定価で売られているので、売れているところは売れているのかもしれません。

安い服をたくさん買うなら、高いいい服を1着買ったほうがいいという考えがありますが、僕は必ずしもそうではないと思っています。

安かろうが、高かろうが、着ていてワクワクできる服を着るのが楽しい。
このコットンツイルイージーパンツはそういうズボンでした。
ただ、このズボン、ウェストがゴムなので上にシャツを合わせるとシャツの丈のバランスがかなり難しい感じです。
長すぎず、短すぎず、微妙にゴムの部分が隠れるくらいの丈がいいのかなと思いますが。
仮にインするのであれば、もうこれは本人のオーラで、わざとオシャレでやっていますと説得力を持たせるしかありません。
そうするとTシャツ等にあわせるのが一番無難ですが、つまり合わせる服を選ぶということで、使いやすい服ではありませんから、みんなにオススメできる!というズボンではないかもしれません。

ところで、今年はユニクロのジョガーパンツや、NIKEのフリースパンツなどのような、タイト目のらくちんズボンが流行っているように感じます。
こういうらくちんズボンで気をつけなくてはいけないのは、意外と身体のラインが出ることです。
「ズボンはお尻で履くものだ」といいます。
お尻がたるんでいると、ジーパンなら生地が固いので補正できますが、こういう薄手のらくちん生地のズボンは、正直に形が出るのでせっかくのシルエットが台無しになります。
らくちんだけども、身体は緩ませないように気をつけましょう。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する