ワイ、シャツ入門|日記


仕事が変わったことは先日の記事でも書きましたが、そのおかげというかそのせいで、毎日スーツ、シャツにネクタイで出勤することになりました。
そこで必要になってくるのがワイシャツです。

僕はスーツなどは下手な国内ブランドやセレクトショップのものを買うくらいなら、AOKIなどの街のスーツ量販店で買ったほうがよほどもいいと思っています。

ただ、シャツだけは直接着るので気になるんです。
袖の太さや胴回り。着心地。シワのつきやすさなど。

シャツだけはAOKIでは満足できなかったんです。
形態安定のノンアイロンシャツは便利なんですが。
松浦弥太郎氏が、著書の中で、大人の男は平日でもワイシャツを着ているべきと書いていました。
(その後、松浦弥太郎氏のグレーのスウェットパーカー姿を雑誌か何かで拝見しましたが)
そうだな、確かにそうだと昨年からちょっと高めのシャツを買ってみようとちょっとずつ買っていたのですが、職が変わったことをいい機会に、3月末あたりから、気になっていた白のワイシャツをちょこちょこ買い足しました。

アツロウワタベ氏は、インディヴィデュアライズドシャーツがシャツの最終解だと言っていました。
ただ、あれは高い。
しかし、そうかじゃあ、と、人が最終解だと言っていたからとそこに行くのではなく、自分なりの道筋と経験によってたどり着くことに意味があります。
その結果として、もしかしたら僕は無印良品のオックスフォードボタンダウンシャツという解にたどり着くかもしれません。
ユニクロかもしれませんし、FRAYかもしれません。

IMGP8568_convert_20160417151951.jpg 

ある程度ワイシャツが増えてきて、毎日着ていると、すべて基本は白のオックスフォードのボタンダウンシャツに絞ったのですが、だんだんと違いが見えてきます。
1枚だけ冠婚葬祭用のレギュラーカラーもあります。
犬を飼うと犬も顔がそれぞれ違うことがわかるようになるように、同じ白のオックスフォードシャツにもいろいろと違いがあります。
数日前まで高熱が出ていたので、まだぼーっとする頭でシャツを下から見上げていると、補強、裾の処理の仕方などやはりそれぞれ違うんだなということがわかります。

IMGP8570_convert_20160417152003.jpg 

そうしてシャツについて知りたくなり、図書館でシャツについての本を借りてきました。
ちょっとシャバそうな本ですが、入門編としてはちょうどいいのかなと思います。

どうしてもワイシャツは消耗品です。
これだと買ったシャツも2年もすれば着色や擦り切れで捨てることになります。
自分で調べて、着てみて、廃棄と買い足しを繰り返し、納得の行く最終解はどこなのか。
自分でも(自分だけか)ちょっと楽しみです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する