新年度と新たな職場と新しい手帖|日記


僕は、手帖は年度切り替え派です。
世間では暦年派が多いらしく、12月の年末の手帖売り出し時期はちょっと寂しい思いをします。
もちろん年度切り替え派のために、3月の年度末にも手帖売り場が本屋等に設けられますが、規模がちょっと小さく、品揃えも少なめなんですよね。
昨年は、これ。

IMG_8127_convert_20160411052311.jpg 
昨年はこれでした。
また今年も同じものを、と探したのですが、どうしても見つかりませんでした。
IMG_8132_convert_20160411052423.jpg 
博文館新社のポケットプランナーNo.4139。
1年使ってみましたが、大きさや記入のしやすさなど、いろいろとバランスがよく、ミシン目で切り取れるメモが付いているのが良かったです。

ポケットプランナーがないので、限られた選択肢の中で、基本はポケットプランナーに近いもの使いやすそうなものを、と選んだのがこれです。
IMG_8131_convert_20160411052403.jpg 
手帖の高橋、ニューダイアリー。
基本の構成はいっしょです。
fc2blog_20160416054204d1a.jpg 
カレンダーページがあり、日付ごとのスケジュールページがあり、あとは横罫線のメモ。
カレンダーページは、見開きで縦に日付順に並んでいるタイプではなく、普通のカレンダーのように四角いマス目になっている方が、直感的にわかりやすく好きです。
fc2blog_201604160542219d6.jpg 
日付ごとのスケジュールページがカレンダーページの次にあるともっと便利なんですけどね。
ポケットサイズではない手帖だとそういうのもあるのですが、このサイズだと無さそうです。

4月から職場が変わりました。
以前の職場だとPCで仕事のスケジュール管理をしていたのですが、新しい職場は基本、紙ベース。
出張、休日など共有するスケジュールは紙のカレンダーに直接書き込み、個人のスケジュールは個人の手帖で管理するスタイルです。

以前の職場は、自分で管理するために手帖に、職場で共有するために職場のPC、妻と共有するためにスマホのアプリLifebearと3つを同時に管理していたのですが、これがけっこう手間でした。
手帖での管理は、ほぼ趣味に近いという感じでした。
これが1つが減ると楽にはなるのですが、一番管理しなければならない仕事のスケジュールが紙ベースというのはけっこう面倒というか。
ますます手帖でのスケジュール管理が重要になりました。
これからが手帖元年です。
1年後、またこのニューダイアリーを買うかもしれませんし、またもしかしたら、スケジュール管理の中で不満点があり、このニューダイアリーとは違うものを求めるかもしれません。

1年後、また報告します。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する