やっぱりマットが好き

経年の中で鈍く光る




前回、グラサージュの実験台などでテカッテカに仕上げた安藤製靴250ですが、
(→ そのときの記事
やはりマットな感じがいいなと思い、戻しました。

これに使われているクロムエクセルレザーはワックス1回塗りだけで
いとも簡単にテカテカになるくらいので、液体オイルを薄ーく塗って
ブラッシングだけでも上の画像のとおりになりました。


画像を眺めていて思ったんですが、ヴァンプのシワが左右で違いますね。
オールデンのコードヴァンの靴なんかだと右足のようなシワが良しとされて
いると思うんですが、個人的な好みとしては左足のようなシワなんですよね。
普通に考えると右のようなシワになる気もしますが、足の形は人によって違うし、
人それぞれ予想不可能なシワの形になるのがおもしろい。

あとは靴紐がもう限界ですね。
先端のプラキャップが割れてしまい、バラけてしまっています。
割と買ってすぐくらいに、切断したパイプのバリが当たってしまい
スカッと切り込みが入っている箇所もあるため、もう交換時期です。
これに代わる靴紐を探したんですが、これ以上の靴紐はなかなかなく。
程良い太さと硬さで、伸びがない。これ、本当にいい靴紐です。
安藤製靴がOEMで提供していたダナーのはどうかと思って購入しましたが、
やはり違う。
これを購入した安藤製靴の直営店オリジンに行けば同じものがあると思いますが、
開店時間が短く、なかなか行けないので購入できずにいます。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する