ユニクロのシャンブレーシャツ|BUY



ユニクロ×ルメールと間違えて購入してしまいました。

ユニクロ×ルメールのシャツがいいという記事をネットで読み、じゃあ普段気楽に着られるシャツとしていいかもなと、見に行ってみました。

ただ、どうにもやはりデザイン性、デザイン臭さ溢れる商品が多く、あまりにもユニルメ着ていますという感じの服で、これはちょっとどうか。
白の超長綿を使ったというポケTがあり、これとsmoothdayのカットソーの着心地を比べてみようかとも思ったのですが、ポケット位置が低く、大きすぎるので、やはり一目でユニルメとわかります。

そして、うーんと棚を眺めていたら、見つけたシャンブレーシャツ。
襟もピンとしているし、いいかも。
これで2,990円+税なら、ユニルメを試してみる意味でもいいかもなと購入。
レジに持って入ったときに、あ、タグがふつうのユニクロだったと気がつきました。
しかし、そこで、ユニルメじゃないから買うのやめますというのもちょっとなと、そのまま購入。

IMGP8391_convert_20160312063159.jpg

まあ、作りで選んだということでどうにか自分を納得させる作業。

IMGP8389_convert_20160312063142.jpg

実際、着てみるとやはりなかなかの作りです。
数年ぶりにユニクロの服を買いましたが、価格に対してやはり出来はいいです。
以前からユニクロのシャツの出来はいいんですが、生産国が移っても健在ですね。

IMG_7363_convert_20160312070401.jpg

着てみても、シルエットはきれいです。
僕はシャツは15-2/3がぴったりのサイズですが、Mだと首がちょっとキツめで袖丈があと1cm弱欲しく、肩まわりはぴったりというかぴっちりな感じですね。
かといってLサイズにすると、大きいパターンだと思います。

IMGP8392_convert_20160312063250.jpg

ただ、一つ欠点を挙げるとすれば。
ユニクロは定番の、名も無き、匿名性の高い服を作る上では最高のコストパフォーマンスを発揮してくれるのですが、ちょっとした加工や手技を使うと、慣れないのか途端にダメな感じになるんですよね。
例えば、ムラ染めや、ユーズド加工、あとはデザインに凝ろうとするなど。
いや、ユニルメのことではありません。たぶん。

はい、このシャツも色落ち加工的なものが施されています。

IMGP8393_convert_20160312063319.jpg

シャツのカフス周りの色落ち加工。
擦れて色落ちした感じではなく、漂白剤がかかってしまった感が。
本当に、このシャツについて不満点を挙げるとすれば、唯一ここくらいです。

春から夏先にかけて、家の中でのリラックス着、ちょっと出掛けるときなど、けっこうな頻度で着ると思います。

数年ぶりにユニクロの服を買いましたが、やはりユニクロは価格に大しての品質の高さはバツグンですね。
定番ものをとりあえずで買うなら、ユニクロを候補から外すことはできません。
ただ、ちょっとした加工ものはやはりちょっと地雷が埋まっていることもあるということで、ユニクロらしさはある意味健在だなと確認できました。

IMGP8388_convert_20160312063105.jpg
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する