アイビーの水挿し。|日記



失敗続きで自信を失っているときこそ、成功体験を。

ここ1年くらい、何かしらを挿し木しています。
比較的カンタンだと言われるオステオスペルマムや、ツツジ、シルクジャスミンなど、切り戻しや剪定で切ったり、外で拾ったりした枝を挿していたのですが、枯れてしまったり、腐ってしまったりして一向にうまくいきません。

選定したシルクジャスミンの枝を2ヶ月くらい土と水に挿していて、葉色が悪くならないのでこれはイケるかと期待していましたが、茎はもう枯れていてドライフラワー状態だっただけのようでした。

がっくりと肩を落としていたところ、アウトレットを歩いていたら、子供が遊びで引きちぎったのかアイビーの茎が落ちていました。

そういえば、実家でアイビーを水挿しにしていたなと思い出し、これなら成功するかもとティッシュに包んで持ち帰り、節の下をハサミで切り、切断面をきれいに整えてから、一輪挿しの花瓶に挿しておきました。
水は少なめで、切断面から腐らないように2日に一度、水を交換して、だいたい1週間くらいでしょうか。
発根を確認しました。

なんともカンタンに成功。
アイビーは生育力が旺盛なのでカンタンに挿し木が成功すると聞きますが、こんなにすぐに発根するとは思いませんでした。

その後も日に日に根を伸ばし、発根確認から2,3日で根はこの長さに。

IMG_7225_convert_20160304043041.jpg

新芽も伸びてきているので、成功でしょう。
これは昨日の画像ですが、今日はさらに伸びてもう根は1.5倍くらいの長さになっています。

さて、この後はというと、このまま育てるのもいいのですが、せっかく春なのでこの花瓶には花を飾りたいので、このアイビーは地植えにしようと思っています。
しかし、水挿しから発根まではカンタンですが、地植えにして定着させるのは案外難しいらしいです。
アイビーについては、地植えまで成功して、初めて成功と言えるのかもしれません。
せっかく水挿しで成功したので地植えも成功させたいところです。


もう挿し木は諦めようかなと思っていたところ、成功すると、さて次は何にチャレンジしようかという気になりますね。
仕事やスポーツでも失敗続きのときは、まず成功できるものから取り掛かるといいといいますから、挿し木もうまくいかないなというときや、初めて挿し木をやってみるという場合には、まずアイビーから試してみるといいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する