鉛筆を削る。|日記



芯とともに気持ちを削る。細らせる。

ここ1年、仕事中に鉛筆を使っています。
以前購入したシャーペンもあるのですが、出張時にはシャーペン、事務所仕事には鉛筆という感じで。
あとは気分で。

シャーペンと比較して鉛筆のいいところは、紙に文字を書く際に、当たりがソフトで柔らかいこと。
あとはあの細くて六角形の形が握りやすいこと。
シャーペンに慣れていると、ひさびさに鉛筆を使うとびっくりすると思いますよ。
鉛筆ってこんなに書きやすかったのかと。

昔、小学生のころほど芯が折れることもないので、すぐに書けなくなるということもありません。
小学生のころはよくボキボキと折れていたのは、筆圧が強かったからというのと、筆箱の中で踊っていたからかもしれません。

鉛筆を使う上で変わらず不便な点は、先端がすぐ丸まって、線が太くなってしまうことです。

職場には電動の鉛筆削りはありますが、自席から少し離れているので、なんとなくカッターナイフで削って尖らせてみたら、これがなかなかひさびさな感覚というか、そもそもカッターで鉛筆を削る世代ではないので、新鮮と言ったほうが正しいですね。
バードカービングでナイフを扱うのにはちょっと慣れがあるのですが、やってみると意外と難しく、はじめはきれいに削れませんでした。

サラリーマン金太郎の最初の仕事は、社員の鉛筆をナイフで削ることで、金太郎の削る鉛筆は書きやすいと評判になっていたのを思い出し、書きやすい削り方ってどんなだろうと考えながら削ると、ちょっと仕事が立て込んでいて気が急いているときなど仕事の合間のちょっとした気分転換になり、気持ちを整える効果もあります。

まず朝は鉛筆を1本削りながら、1日の予定を考えています。


削り方ですが、木部は六角形の頂点から芯に向かって削ると、塗装面と木の地の部分がきれいに整いやすいです。
木目や年輪があったりすると、部分的に硬かったりしてうまくいかなかったり。
それは木を材料にしているからこそで、それがまた面白いですね。
木と芯はいっしょにけずるのではなく、木部を整えたら、芯を尖らせるとうまくいきます。

そして、鉛筆を削るならカッターかナイフがいいと思います。
回して削る鉛筆削り機は、手動、自動ともに、先端がきれいに整い過ぎます。
先端は尖らせるのですが、ナイフで削るとできる先端の不均一さが、書いた文字の線に表情を与えて、なんとなく字がうまくなったように感じられます。

鉛筆を使ったら仕事の効率が上がった!ということは、果たしてあるかわかりませんが、ぜひ一度試してみてほしいと思います。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する