HG 1/144スケール ガンバムグシオンリベイク|TOY



グレイズ改の数倍手間がかかるキットでした。

鉄血のオルフェンズ、久々にかなりハマっているガンダムです。
このハマり具合は∀ガンダム以来でしょうか。
(ちなみに豆知識、「∀」は「すべての」で変換すると一発で出ます)

先日作ったグレイズ改のパイロットの明宏・アルトランドが、グレイズ改から乗り換えるのがこのグシオンリベイクです。
主人公は機体の乗り換え無しで、サブキャラが先に乗り換えるのは珍しいですね。
設定では、鹵獲したガンダムグシオンという超重量級のガンダムらしくない姿形のガンダムのきぐるみを剥いだら中にスマートなガンダムらしいガンダムがいたので改修したという感じです。
だからガンダムグシオン・リベイク(焼き直し)

IMGP8313_convert_20160216210712.jpg

キットは、他の鉄血のオルフェンズのHGシリーズ同様に、1,000円ちょっとという価格設定なのに出来がかなりいいです。
ただ、このグシオンリベイクについては、キットの素組みでは再現されていない細かい色分けが多いので、塗装は、簡易塗装でもけっこう難儀しました。

IMGP8318_convert_20160216210845.jpg

特に頭部は細かく、中でも顔面の色分けの細かさは異常。
ここは、あまりに細かいので付属のシールで勘弁してもらいました。

IMGP8319_convert_20160216210901.jpg

細い腰回りがちょっと寂しく感じたので、腰のシリンダーの部分をシルバーのガンダムマーカーで塗装してシリンダー感を出しました。

IMGP8320_convert_20160216210918.jpg

足は、装甲の形状が太ももと膝のニーガードの部分のラインが繋がるデザインなのでちょっと立たせづらいです。
ただでさえ背面がもりだくさんで後ろに体重がかかりやすいので。

IMGP8314_convert_20160216210729.jpg

背面にはもとのグシオンの名残を強く残しており、バックパックの左右に付いたガンダム0083のGP-01フルバーニアンのマルチポッドのようなのが、グシオンのヒザ下パーツの流用で、腰下のスカートはグシオンの甲羅です。

IMGP8317_convert_20160216210828.jpg

この背中のグシオンのヒザ下には、リベイクでは隠し腕ギミックが仕込まれています。
Zガンダムのジ・オのようにサブアーム的な隠し腕ではなく、完全なる腕です。
設定ではグレイズの腕を流用しているそうで、確かにグレイズ改の腕と同じデザインでした。
ただし、このキットでは、グレイズのキットよりもパーツの構成等が省略、簡略化されています。

IMGP8315_convert_20160216210744.jpg

また、リアスカートに付けてある甲羅パーツは、腕に着けてシールドとしても使えます。

ヒザ下ポッドと甲羅、あと肩アーマーについては、色分けが省略されており、簡易塗装をしました。
塗装箇所は、グレーの部分と白い部分です。
白い部分はガンダムマーカーの白を使いました。
しかし、チャコールグレーの部分は、ガンダムマーカーの普通のグレーだと成型色で色分けされている他のグレーの部分とあまりにも色が違い、浮きそうなので悩んだのですが、Mr.カラーの水性ホビーカラーのミッドナイトブルーを使いました。
ひさびさの筆塗装です。
こうしてみる限りでは浮いてはいないと思います。

IMGP8316_convert_20160216210805.jpg

両方の隠し腕を展開するとこんな感じになります。
手持ち武器は、キットに付属するロングライフルのほか、設定ではハルバート(長斧)があるのですが、それは別売りの武器パーツセットに付属するため、キットだけだとせっかくの隠し腕もお留守になってしまうのが残念です。
ただ、アニメではまだこの隠し腕を使っておらず、もしかしてキットだけの設定に終わるのではないかとも思っているのですが、これからなのでしょうか。

同じガンダムタイプのバルバトスと比較してみました。
IMGP8323_convert_20160216210957.jpg

IMGP8325_convert_20160216211011.jpg

設定では、バルバトスの予備パーツを流用して仕上げたとのことなので、部分的には似ているような箇所がありますが、似ているだけで同じではありませんね。

キットの製作の難易度としては、簡易塗装まで考慮すると、
グレイズ改、バルバトス、そしてこのグシオンリベイクの順です。
グシオンリベイクは少しパーツ数が多い上に色分けが細かい箇所があるので、ちょっと面倒です。
時間も3つの中では一番かかりました。
グレイズの倍かかっているかもしれません。

それを考えると、グレイズ系のキットは作りやすく塗装箇所も少なく、良いキットですね。
グレイズ改弐流星号も買ってしまおうか、考え中です。
あまり増やしても置き場所がないのですが。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する