100均グッズで撮影ブースを自作してみる|日記



フィギュアやプラモを撮る際に、ちょっと撮影ブースが欲しかったんです。
モノ撮り用の撮影ブースは楽天で3,000円くらいで買えますが、自作できないかなとジョギング中に思いつき、ジョギングの途中に100円ショップに寄って、材料を調達してみました。

IMG_8236_convert_20160209042759.jpg

発泡スチロール製のボード 450mm×300mm×10mm 1枚
EVAスポンジシート 500mm×300mm 1枚
面ファスナー 1シート
ブックエンド 2個
習字用半紙 1袋

合計648円です。

IMG_8238_convert_20160209042830.jpg

発泡スチロールボードを半分に切ります。
これがブースの左右の壁になります。

IMG_8240_convert_20160209042947.jpg

ブックエンドとボードに面ファスナーを貼り付けます。
必ず面ファスナーである必要はないです。テープ留めでも問題ありません。
僕は分解して収納できるかなと思い、面ファスナーを使いました。
面ファスナーで2点留めすると安定性が増します。
ブックエンドはなるべく重めのものを選んだ方がパタンと倒れないのでいいと思います。

これを2つ作ったらもう完成です。

IMG_8241_convert_20160209043006.jpg

2枚のパネルの間にEVAシートを敷いて、壁にマスキングテープで固定します。

IMG_8242_convert_20160209043023.jpg

こんな感じです。
EVAシートはななめにスライダー状に垂らすことで、床面と奥の壁面に区切りができないので写真映りがよくなる効果があります。

この状態で試しに撮影してみました。

IMG_8243_convert_20160209043126.jpg

IMG_8247_convert_20160209043143.jpg

ちょっと側面と奥の面の境界と壁面の陰が気になります。

そこで、やはり撮影ブースには照明が必要かなと照明をセットしてみました。
これは1,000円くらいで以前に買ったものです。

IMG_8249_convert_20160209043201.jpg

そのまま上から照らしたら光が強く、直線的なので、半紙を上に張ることで散乱光にして柔らかい光にしています。

IMG_8248_convert_20160209043224.jpg

奥の壁面の陰は気にならなくなりました。
しかし、半紙を噛ませているのですが上から照らされている感があるので、アルミホイルでレフ板を作って手前に置いてあげるともうちょっと改善するかもしれません。

IMG_8251_convert_20160209043239.jpg

試しにシルバーのリングも撮影してみました。

照明の電球色が気になります。
暖色光すぎるので、これを自然光の電球に交換すればもっと良さそうです。

ああしたらこうしたらとやっていると、あっという間にブツ撮り用の安い撮影ブースが買えてしまう金額になってしまいそうですが。
すでに照明こみで1,700円くらいにはなっていますからね。

試しに作ってみた上での反省点として、ブックエンドは自重がそれなりにあるものを選ぶということ。
それだけでかなり安定性が増します。
僕は小さめを選んでしまったので、側面の安定性に欠けてしまいました。

ちなみに収納することを考えなければ、ちょっと大きめのダンボール箱を使ってもいいと思います。
たぶんその方が材料費は安く済みますし、安定性はかなり高くなるはずです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する