POLAR RS300の電池交換|日記



運動するときは、活用しきれているかわかりませんが、POLARのRS300という心拍計機能付きの腕時計を着けています。

心拍数は自分のタコメーター。
心拍数が高すぎれば無理なペースで走っているということだし、心拍数がなかなか上がらなければ身体の調子が悪い。
また、長期間のデータを見比べれば、自分の心肺能力がどのくらい向上しているかがわかるかもしれません。

使い始めてから2、3年くらい経ちますが、半年くらい前から「LOW BATTERY」の表示が出るようになりました。

fc2blog_2016020723383989b.jpg

ディスプレイの左上に電池残量少の表示も出ました。
こうなると、節電モードになるようで、バックライトが点かなくなります。
夜にジョギングすることが多い僕にはこれは不便です。

これを機に買い替えを考えましたが、カンタンに交換できるようなので、もうちょっと使ってみようかと電池交換してみました。

fc2blog_201602072338582d9.jpg

電池は一般的なボタン電池CR2032です。

fc2blog_20160207233916007.jpg

背面のネジ4箇所を外せば、裏蓋が外れます。
このネジは精密ドライバーではなく、普通の小さい+ドライバーで回せます。

fc2blog_20160208001003da1.jpg

ネジ穴から汗が入りこんだのか、内部に腐食している箇所がありましたが、ゴムパッキンのおかげで基盤の方までは到達していないようです。
ボタン電池を取り外して、新しい電池を入れて、ゴムパッキンがズレないように蓋を閉めて、しっかりとネジを回して固定、最後に4箇所のネジがしっかり止まっているかしっかり確認すれば電池交換は完了です。

fc2blog_20160207233939e75.jpg

左上の電池残量の表示が消えました。

日時を再設定し、試しに使ってみましたが、普通に使えました。
今回、電池交換のために自分で裏蓋を開けてしまったのでもうメーカー保証対象外ですが、どうせ2,3年も経っていれば修理は実費でしょうから関係ありません。

すぐにジョギングに使ってみましたが、問題ありませんでした。
もうしばらくは、このRS300で大丈夫そうです。
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する