日記|なぜ電車の中はミステリー小説の読書が捗るのか

1年以上、積読していたMOZUのシーズン1の原作「百舌の叫ぶ夜」をようやく読み終えました。どうもドラマでストーリーの大筋を知ってしまったので、読む気がなかなか起こらず。その間にもいろいろ読みましたが、どうしてもこれには食指が動かず。しかし、先日、浅草のトラヤ帽子店に行く際に、この機を逃したらもう読むことはなさそうだと思い、持って出ました。→Reboot 2015/09/23 「BUY|初めてのフェルトハット「KNO...