三交製靴ラギッドシューズS-3|経年変靴レポ23

脱いだあとの靴を見ると、靴が「疲れたー」と言っているのがわかるときがあります。実際に聞こえるわけではなく、なんとなく見た目や触った感じでくたびれてきたなと感じるというのが正しいのですが。だいたいこの靴は週1回は必ず履いているので、1ヶ月〜1ヶ月半くらいでそんな感じになります。 アッパーの屈曲部のしわの谷が白っぽくなってきたり。 ウェルトのコバの部分が傷だらけになってきたり。通勤路の道路側溝...

レノベイティングカラー補修クリームでえぐれキズ補修|三交製靴ラギッドシューズS-3|経年変靴レポ22

お気に入りの革靴、三交製靴のラギッドシューズS-3ですが、いつのまにかつま先にえぐれキズがついていました。 1mm弱くらいえぐれて、革の表面がなくなってしまっています。こうなると黒の靴クリームで手入れをしても補色はされますが、えくぼというかへこみは残ります。他人はそこまで目が良くないだろうし、まったく気にしていないだろうからいいのですが、やはり自分は気になるので精神衛生上よくありません。 ここは...

やっぱり靴の手入れは薄塗りがいい|三交製靴ラギッドシューズS-3|経年変靴レポ21

先日、シュナイダーブーツのジョドファーにべったりとクリームを塗って手入れをしてみるという実験をしました。 続報はまたそのうち記事にするのですが、やはりクリーム類は薄塗りがいいのかなという結論になりました。 日々、公私ともに活躍してくれている三交製靴のS-3ですが、やはり夏の間酷使した疲れが見られます。   ツリーをいれないとアッパーもクタクタ。 今回はこのS-3を手入れするわけですが、このS-3のよう...

靴のガリッと傷は手入れでどこまで消えるか|三交製靴ラギッドシューズS-3|経年変靴レポ20

先日、職場の飲み会でお酒を飲みすぎて帰宅途中につまづいて、ラギッドシューズをガリッとやってしまいました。やりそうだなという気がしたので、ラギッドシューズを選んで行ったというのもあり、予想どおりというところもありますが。 ちょっとこれは予想以上。 まあ今回の傷以外にも、日常の中での擦れによる色剥げもあるので、今回の手入れは補色でどこまで傷が直る(目立たなくなる)かをテーマにしました。使用した...

2年経過|三交製靴ラギッドシューズS-3|経年変靴レポ19

ものの良し悪しはブランド、メーカー名や素材だけではわからない。それを教えてくれたのが、2月でちょうど購入から2年が経過した、この三交製靴のS-3です。ちょうど2年が経ったところで念入りな手入れ、磨きをしてあげたいところですが、時間がなかったので今回は、持続可能なかんたんな手入れです。汚れ落とし・保護革 サフィール ユニバーサルレザーローション補色・保護層    KIWI シューポリッシュ(黒)ささっと馬...