傷ついても立ち直りが早い|安藤製靴250|経年変靴レポ18

サラリーマンの革靴は、クロムエクセルがいい説。クロムエクセルレザーは主にブーツに使われていることが多いですが、革靴にこそおすすめしたい。何故かと言うと、クロムエクセルレザーはやわらかいので足にやさしく、水に強い。傷つきやすいという欠点はあるけど、えぐれていない限りはリカバリーが容易なので、雨の日も、飲み会の日も気にせず履ける。まさにサラリーマンのための革靴が出来上がる気がします。さて、なんでそんな...

補色をするなら履きはじめから|安藤製靴250|経年変靴レポ17

KIWIのワックスで補色しつつ油分少なめの手入れを始めてけっこう経つ、この250。一時期は油分過多でグダグダになりつつありましたが、今はわりとシャンとしています。ただ、補色に関してはあまり効果がありません。前回は、ワックスでおめかししてみましたということで、黒のワックスを厚塗りをしたのでだいぶ革(クロムエクセルレザー)の下地の茶がめだたなくなったのですが。→http://imzkmc.blog60.fc2.com/blog-entry-1289.htm...

たまにはワックスでおめかしも|安藤製靴250|経年変靴レポ16

ワックスは必須ではないと先日の記事で書きましたが、ワックスを使うとクリームだけの手入れよりも光沢が出せる「靴磨き」ができるのであればあったでとても便利です。安藤製靴は手入れはクリーム、オイルなどは多用せず、基本はワックスのみの手入れをすすめられます。油分を革に与えすぎると型崩れの原因になるので、日常の手入れではワックスの油分程度で十分なんだという説明でした。今回の手入れは汚れ落とし     水拭き...

人も靴も歳をとったら腹八分目が長生きの秘訣|安藤製靴250|経年変靴レポ15

9年目くらいの安藤製靴250。 今回はサフィールのユニバーサルレザーローションのみの手入れです。 いつもはこれにKIWIのワックスを軽くかけるんですが、ローションのあと豚毛ブラシをかけたらもういいかなという仕上がりになったので、乾拭きをして終了にしました。       もう9年。 この250は旧品なので、アッパーはクロムエクセルレザーです。 クロムエクセルレザーはすぐ輝くし...

乾燥したクロムエクセルレザーにレザーローションで潤いを|安藤製靴250|経年変靴レポ14

先日の大雨でびしょ濡れた250の手入れです。冠水して川と化した道路を渡らなくてはならず、まあ250なら大丈夫だろうとそのままえいやと突っ込んだところ、思いの外、水かさがあり、上から浸水。内に外に濡れてしまい、しばらく室内のスチールラックで乾かしていたのですが、乾かし過ぎてアッパーの革が固くなってしまいました。 遠目にはわかりませんが。 近くでみるとこのとおり。奥側の右足の方はもうガサガサです。汚...