アイビーの水挿し。|日記

失敗続きで自信を失っているときこそ、成功体験を。ここ1年くらい、何かしらを挿し木しています。比較的カンタンだと言われるオステオスペルマムや、ツツジ、シルクジャスミンなど、切り戻しや剪定で切ったり、外で拾ったりした枝を挿していたのですが、枯れてしまったり、腐ってしまったりして一向にうまくいきません。選定したシルクジャスミンの枝を2ヶ月くらい土と水に挿していて、葉色が悪くならないのでこれはイケるかと期...

春の訪れ。ラベンダー4ヶ月目の発芽|ベランダ緑化

まだまだ寒さは厳しく、ここに来て積雪もありますが、最高気温の高まりとともに、ベランダの花たちにも春が訪れ、いっせいに目を覚ましたかのように活動を始めました。まず、昨年からつぼみをつけていた子宝草の花が開花。調べてみると、葉の子宝たちを全撤去するとつぼみを作ることが多いらしいです。ただし子宝草は開花すると、そのあと枯れてしまうことが多いらしいので、開花も喜ばしいばかりではないですね。足元には新たな子...

ベランダ緑化推進活動|珍奇植物たち

統一感はありませんが、ベランダのゆかいな仲間たち。まずはシクラメン。小学生のころ、祖父が毎年年末になると立派なシクラメンを一鉢買ってきてくれました。祖父なりのクリスマスプレゼントのつもりだったのかもしれません。ただ、シクラメンは実はけっこう管理が難しく、いつも枯らしてしまいました。今回、このシクラメンは祖父からではありませんが、やはり貰い物。今回こそは枯らさないぞと心に決めてせっせと世話をしていま...

ベランダ緑化|ハーブの種を播いてみた

ラベンダーにリトライ。6月ごろにラベンダーの苗を買いました。ちょうど花が咲いていたものを買ったので窓を開けるとラベンダーの香りが部屋の中に入ってきて、とても気持ちが良かったのですが、水やりの仕方がまずかったのかあっという間に枯らしてしまいました。ラベンダーは水やりをこまめにやる必要はないとのことで気をつけていましたが、あっさりと枯れました。道端では、わさわさと生えているラベンダー。鉢植えやプランタ...

日記|シルクジャスミンの剪定

伸ばし放題のシルクジャスミンを剪定しました。妻と結婚してすぐに買ったシルクジャスミン。特に意識したわけではなく、偶然にも花言葉は、「永遠の愛・友情・信頼・結婚」しかし、それも伸ばし放題、水やり程度の管理をしていたら、徒長し、葉が無秩序にもっさりと。なんとも重たそうな見た目になってしまいました。そこで、剪定を行い、リフレッシュを図りました。しかし、剪定というのはセンスが必要ですね。徒長しているので、...