菊池亜希子ムック マッシュ vol.10|雑誌

菊池亜希子がかわいすぎて、マッシュをついに購入してしまった。本屋で立ち読みをすること数ヶ月。内容はだいたいもうわかっていたんですが、じっくり読みたい、ごろごろしながら読みたい、お風呂に入りながら読みたいな、と購入。お値段1,300円と雑誌としてはちょっと高めですが、ムック本はだいたいこのくらいしますね。菊池亜希子、かわゆすと眺めるように見ているだけでなく、今回の特集がHOMEということで、ライフスタイル寄...

Hail Mary Magazine 創刊号|雑誌

今年の1月にFree&easyが廃刊(一応、休刊とのこと)しました。最後の方は、倦怠期のカップルのような空気が流れていたので、ああやっぱりなとそこまで驚きはなかったです。そして、その最後の誌面で予告されていた(と思うのですが)、Hail Mary Magazine(ヘイルメリーマガジン)が4月30日に創刊されました。編集長は変わらず小野里編集長。今回の創刊、出版社の立ち上げにあたっては、私財を投げ打ったとのこと。もちろん資...

BUY|THE DAY No.10

ファッション雑誌を定期購読しなくなって久しい。自分は計算された着地点を決めた「おしゃれ」や服の購入ができないので、おしゃれを諦めたからであるんだけど。それでも、自宅で雑誌をノンビリ眺めたくなるときもあり、そうするともはや自分が何であるか(オラオラ、B系ではないのはわかるが)わからないので、ファッション雑誌のラックを前に茫然とするしかない。そういうときには、誰かに買って来てもらうのがいい。自分がどんな...

日記|内骨格

子供が熱を出した先週末。外出できないので、家で昔の雑誌を見返していた。ひさしぶりに見たPrints21浅井健一特集。2009年。もう6年前か、時が経つのは早い。何度も読み返したインタビュー。やはり、揺るぎない芯の部分がある人はかっこいい。自分の歌のプロモーションでも、説明したがらない浅井健一にならって、この記事もくどくど書くのはやめよう。ただ、モノに依って立つのはカッコ悪いとだけ。...

Free&Easy 2014-2 「何年履いてますか?何年履きますか?」

その靴を何年履いているかなんてのは、靴道楽であればあるほど意味がないというのは以前、書いた気がします。Free&Easyを滅多に買わなくなって久しいですが、今号はこの表紙のコピーから期待していました。期待したのは、その履いた年数に相応な経年変化をした靴が掲載されるのではないかということ。...